小顔に関する情報【傷跡が周囲の人に見えない】

顔やせは難しくない

鏡を見る人

医療機関で顔やせを実現

朝の顔はむくみが発生しやすいため、通常より大きく見えてしまうことが多いです。慢性的なむくみが発生していると、一回り大きな状態が継続することになり、顔が大きいと感じてしまうことがあります。こうした場合は小顔矯正のマッサージをすることで通常の状態に戻すことができますが、普段のサイズが大きい場合はクリニックでの治療が必要になります。たるみを引き上げるレーザー施術は、たるみによって顔が大きく見える方に最適で、フェイスラインを整えることが可能です。たるみは老化の最大の原因と言われており、たるんだ部分からさらに肌が引き下がっていくため、早めの段階で対処することが大切です。放置をしておくとほうれい線が発生する可能性もあるため、レーザーでスポット的に引き上げていきましょう。顔やせ注射も気軽に小顔になれるプチ整形として人気があり、医療ダイエットなので高い効果が期待できます。中性脂肪を排出できますし、セルライトを除去して憧れの小顔を手に入れることができるはずです。脂肪細胞を小さくするのではなく、破壊するので根本的に解決できるのがマッサージによる施術との違いです。美容整形の小顔施術を受けたい方は、まずはメールや電話で医師やスタッフに相談することから始めます。悩みをなるべく具体的に伝えておくことで理想的な治療方法が見えてくるので、どのように伝えるか頭の中でイメージを固めておくといいです。それからカウンセリングの日程を決めて、当日はフェイスラインのシミュレーションをしていきます。小顔にもさまざまタイプがあるので、どのような状態を目指しているのか、症例やシミュレーションを確認しながら決めていきます。漠然と小顔になりたいと考えていても、仕上がりの形状に問題があると不満が生まれてしまうので、カウンセリングでは妥協をしないようにしてください。施術前には問診や血液検査をして、安全に施術ができるか見極めていきます。麻酔技術は発達しているので、メスを使用する施術においても施術中はほとんど痛みがありません。施術が終了したら医師から生活における注意点のアドバイスを受けるので、ダウンタイムが解消するまでリラックスして過ごすようにしてください。